2009年10月25日日曜日

超十二夜理論「AKとM4」

最近のプロの試合を見て思うんですけど、

AKで出すすげえシーンっていうのは
おお!!!すげえええええええ!!!1111

っていうので

M4で出すすげえシーンっていうのは
まじかよwwwwwwwwすげえwwwwwwwwwww

っていうのが多いと思うんです。

つまり、AKで出すすげえシーンっていうのはリコイルコントロールがすごいんじゃなくて、
それ以外のもの。初弾とか動きとかがすごいのが多いんです。

逆にM4で出すすげえシーンっていうのはリコイルコントロールも含めた全てのことをすげえって言うのが多いんです。

そろそろ「すげえ」がゲシュタルト崩壊してきたでしょう?

僕もです。

何が言いたいかというと、AKはリコイルコントロールなんて要らなくて、M4には要るってことです。

ここで言うリコイルコントロールっていうのはフルバーストしたときのものです。

もう一度確認すると、AKは初弾で殺さないとM4のフルバーストに殺されて
M4はリコイルコントロールさえマスターしていれば初弾を外されたら勝てるってことです。

もちろん例外はありますが、これが今回の超十二夜理論です。

・まとめ

リコイルコントロールがすごい場合は「すげえww」などwWwをつける。
リコイルコントロールには運要素がかなり含まれているので、運と実力どちらもすごければいけない。
これはそれに対する「どうせまぐれだろw」と「ありえないw」を同時に持たせるための「ww」である。

初弾や動きがすごい場合は「すげえ!!」などビックリマークをつける。
初弾や動きには運要素があまり含まれないため、そのプレイヤーの純粋な技量が試される。
これはそれに対する「チーターだー!」と「キングクリムゾン!」を同時に持たせるための「!!」である。

おしまい。

6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

wWw
 ↑

Junior さんのコメント...

wWw
(゚Д゚)

匿名 さんのコメント...

AWP版、DE版もおねげぇします

Junior さんのコメント...

いいぜ

匿名 さんのコメント...

運と実力どちらもすごければいけない。
             ↑

Junior さんのコメント...

今の僕には理解できない